MENU

デュタスは何故プロペシアよりも効果があるのか?

aga

デュタスはAGA治療薬で、近年最も有名なプロペシアよりもAGAに効果のある薬という事で人気が出ています。

 

その有効成分【デュタステリド】はプロペシアの有効成分【フィナステリド】よりも効果が強いのです。

 

フィナステリドという成分は抜け毛の原因となっている成分を抑える事でAGA治療の効果が発揮されるのです。

 

デュタステリドはそのフィナステリドと比べて1.5倍の効果があるとされていて、非常に人気が出ています。
もちろんその分、副作用も強くなりますが、薬として認められているものなので軽度のものではありますが、もちろん注意は必要です。

 

AGAに真剣に悩んでいる方にとっては喉から手が出るほど欲しい薬ですので、多少の副作用の可能性というのは覚悟できると思います。

 

その効果としてはプロペシアもデュタスと同様に、
5αリダクターゼによる活性を阻害して薄毛の進行を抑制します。

 

しかしプロペシアでも効果があまり見られない場合、デュタスで改善する場合があります。

 

それで何故デュタスの方が効くのかいうと、5αリダクターゼというのはⅠ型、Ⅱ型の二つ種類があり、プロペシアの作用はⅡ型だけに効果があるのに対して、デュタスはⅠ型Ⅱ型、双方に作用し効果があるからなのです。

 

このⅠ型というのは頭皮内に全体に存在しますが、Ⅱ型というのは、前頭部と頭頂部だけに存在します。
その事でAGAとはM字部分と頭頂部が主に症状が出ることから、Ⅱ型の影響で起きてると考えれていたのが、最近ではⅠ型もAGAに関係しているという報告もあるようです。

 

実際にデュタスとプロペシアとを比べてみて、、デュタスの方が髪の毛の成長率が高いという事も実証されています。

 

さらにデュタスの場合、半減期が長い事で効果的だと言われています。

 

そして半減期とは成分が血液に溶け、その濃度が半分になるまでの時間をいいます。
要するに効果の持続時間の事です。

 

デュタスは半減期間が非常に長く、2週間以上続くとされています。
ちなみにプロペシアでは約6~8時間です。

 

この半減期から、継続服用においてデュタスはプロペシアよりも血液中のDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する濃度の差が起きづらく、確実なAGA効果を安定して発揮できる事がわかっています。

 

※DHTとはAGAの原因となる物質の事です。

 

これでわかるようにプロペシアは弱め、デュタスは強めのAGA治療薬、という事がわかります。

 

効果はもちろん強い方がよいですよね、それではどちらを選ぶかは他の要因が関係してくると思います。

 

やはり主に価格、副作用、といったところでしょうか。

 

それらに関してはまた記事にアップしていきますね。